ドゥカティ超入門
ドゥカティマニアには用の無い、超ド級のドゥカティ入門サイトです。
スポンサーリンク

プロフィール

kazuup

Author:kazuup
Tokyo Olympicの年生まれ。
男性、身長約180cm
(この年にしては長身)
既婚、子供1人。
埼玉県在住のサラリーマンです。
職業は某電気メーカーのなんちゃって技術者です。
愛車はモンスターS2R800です。

kazuupのオススメ!



なぜライダーは温泉が好きなのか?
考える前にこの一冊!

リターンライダーのバイブルです
楽しいバイクライフを手に入れよう!

Ducatiブログの人気ランキング↓

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

バイク保険を見直しましょう。目から鱗のプライスかも!!
チューリッヒ保険

バイク保険料金を一括比較!

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーボンパーツ症候群
久々にドゥカティの話です。
ドゥカティオーナーのほとんどは、某かのカスタムを施してます。
まず最初のカスタムステージは、体型の違いによるカスタムです。
イタリア人と体型の違う日本人は、足や手が届かなかったりするため、ハンドル交換、シートのアンコ抜き、高さ調整ロッドの交換をします。
これをクリアするのも束の間、次のカスタムステージに突入します。
それは乗りやすさの追求です。
ドゥカティの車両は、レースで速く走る目的で作られているため、乗り難いのです。
ここでドゥカティストは考えます。
クラッチが重いな、バックトルクで怖い思いをしたな、はたまた、低回転じゃ乗り難いよ等々。
これを解決するにはクラッチレリーズ、スリーパークラッチキット、内圧コントロールバルブ、マフラー等々の投入が必要です。
ここまでのカスタム費用は40万から60万となります。
そしてファイナルのカスタムステージにヒートアップです。
オーナーは見た目のカッコ良さに不満を抱きます。
遂に禁断のカーボン症候群の発症です。
カーボンパーツは単品では安いのですが、数が増えれば、雪だるま式に借金が増えて、、、。
おっと違った。なんだか、競艇のギャンブラーに似て来たな。
疲れたので第一部終了。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
そうやって
カスタム地獄にはまっていきます。
私は一体いくら使ったのか、考えたくもありません・・・。

【2008/05/30 23:07】 URL | TOMOWL #- [ 編集]

カスタム地獄ですね。
TOMOWLさんへ
そうですよね、過去は振り返っちゃいけないです。
振り返ると自己否定につながりますから。
私は吹っ切れちゃって、糸の切れた凧のようにカーボンパーツを買い漁っていますが、、、。(おこづかいの範囲内ですが、、、、。)
【2008/05/31 11:11】 URL | kazuup #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ducatibasic.blog86.fc2.com/tb.php/62-cb8c39ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。