ドゥカティ超入門
ドゥカティマニアには用の無い、超ド級のドゥカティ入門サイトです。
スポンサーリンク

プロフィール

kazuup

Author:kazuup
Tokyo Olympicの年生まれ。
男性、身長約180cm
(この年にしては長身)
既婚、子供1人。
埼玉県在住のサラリーマンです。
職業は某電気メーカーのなんちゃって技術者です。
愛車はモンスターS2R800です。

kazuupのオススメ!



なぜライダーは温泉が好きなのか?
考える前にこの一冊!

リターンライダーのバイブルです
楽しいバイクライフを手に入れよう!

Ducatiブログの人気ランキング↓

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

バイク保険を見直しましょう。目から鱗のプライスかも!!
チューリッヒ保険

バイク保険料金を一括比較!

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥカティと同胞のバイクです。メーターパネルが素晴らしい!
moto2009.jpg
昨年のモーターサイクルショーで、びびっと来たメーターパネルです。
「モト・グッツィ ルマンIII」
もう、25年以上も前のバイクです。
(あまり知らないので、間違っていたら指摘願います)

私の個人的な意見かも知れませんが、エンジンを持った動力車は、コックピットが命です。
メーターパネルが無機質なのは、論外です。
みなさん、如何でしょうか?

イタリア車の好きな人は、メーターパネルにこだわりがあると思います。
なぜ、なんでしょうね。
人間味ある大らかさがありながら、洗練されたデザインにやられちゃいます。

多く語る必要はありません。
ドゥカティ車両の中で近年、最も美しいメーターパネルは何か?
私はこの車両が、ナンバー1だと思います。
ducati2009.jpg

クラッシックなデザインですが、安心感あるメーターパネルですかね。

昔、飛行機は夜間飛行もありました。
この中で頼るのは計器だけです。
真っ暗な世界で、ほんのりと光る計器は安心感が無いと不安を誘いますよね。
そんな計器の歴史が今にも繋がっている気がします。
ドゥカティは飛行機の会社じゃありませんが、パネルの意味を知っている会社だと思います。


ちなみに愛車のパネルは、ライトを付けると、オレンジ色にほのかに光ります。
全く持って輝度は低いですが、安心感は抜群です。


↓↓ドゥカティ超入門を応援願います。まだまだ続くぜ!?


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ducatibasic.blog86.fc2.com/tb.php/202-48447e78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。