ドゥカティ超入門
ドゥカティマニアには用の無い、超ド級のドゥカティ入門サイトです。
スポンサーリンク

プロフィール

kazuup

Author:kazuup
Tokyo Olympicの年生まれ。
男性、身長約180cm
(この年にしては長身)
既婚、子供1人。
埼玉県在住のサラリーマンです。
職業は某電気メーカーのなんちゃって技術者です。
愛車はモンスターS2R800です。

kazuupのオススメ!



なぜライダーは温泉が好きなのか?
考える前にこの一冊!

リターンライダーのバイブルです
楽しいバイクライフを手に入れよう!

Ducatiブログの人気ランキング↓

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

バイク保険を見直しましょう。目から鱗のプライスかも!!
チューリッヒ保険

バイク保険料金を一括比較!

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも、ドゥカティチームを応援します!
suppo20090916.jpg

最近、ドゥカティのプロジェクトリーダーであるリビオ・スッポは「今年は浮き沈みのシーズンでした」と語りました。
確かに今年のドゥカティチームは、波乱万丈のシーズンでした。
しかし、ドゥカティのスピリッツ通り、乗り手を選ぶバイクというのが浮き彫りになった年だったと思います。
2007年にコンストラクターズチャンピオンを獲得した年の布陣はどうだったでしょうか?
ファーストライダーは、曲りなりにも鉄人カピロッシ、そしてセカンドライダーは天才ストーナーでした。
両ライダーは、どちらかというと臨機応変にマシンを操る職人タイプのライダーでした。
そして2008年からは、セカンドライダーが受難の年になりました。
メランドリー、ヘイデン、そして臨時ライダーのカリオと2年に渡り、セカンドライダーは芳しい結果を出せていません。
つまり、ドゥカティというマシン自身が「乗り手を選ぶというバイク」だからだと思います。
他のファクトリーチームは、ファーストライダーが結果を出せばセカンドライダーもそれなりの結果が出せています。
ここにドゥカティチーム体制の綻びが見え隠れしています。

次につなげるライダーがいないと、チームとしてのアドバンテージを確立できないです。
本来ならは、ドゥカティチームを引っ張るストーナーが、次なるライダーに繋げるマシンを作り上げないといけないのですが、、、、。
一番のプレッシャーを受けているストーナー、そして最も苦悩しているリビオ・スッポは今後、どうするのでしょうか?
今年も残り4戦となりました。
次のGPからストーナーも復帰します。
ヤマハチームとは100ポイント以上離されておりますが、ドゥカティチームもまだまだ可能性を秘めています。
ガンバレ、ドゥカティ。私は応援しているぞ!
みなさんはどう思いますか?

↓↓ドゥカティ超入門のランキングは?

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ducatibasic.blog86.fc2.com/tb.php/179-e361bce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。