ドゥカティ超入門
ドゥカティマニアには用の無い、超ド級のドゥカティ入門サイトです。
スポンサーリンク

プロフィール

kazuup

Author:kazuup
Tokyo Olympicの年生まれ。
男性、身長約180cm
(この年にしては長身)
既婚、子供1人。
埼玉県在住のサラリーマンです。
職業は某電気メーカーのなんちゃって技術者です。
愛車はモンスターS2R800です。

kazuupのオススメ!



なぜライダーは温泉が好きなのか?
考える前にこの一冊!

リターンライダーのバイブルです
楽しいバイクライフを手に入れよう!

Ducatiブログの人気ランキング↓

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

バイク保険を見直しましょう。目から鱗のプライスかも!!
チューリッヒ保険

バイク保険料金を一括比較!

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「GT1000 Touring」の微妙なデザインはどう思います?
sportturingg001.jpg

Ducatiは、新型モデルのラッシュです。
世界的な不況の中でこれだけのニューモデルを発表するだけでも、凄いことだと思います。
そして、ニューモデルの中で異色の一台は、「GT1000 Touring」ですね。

ベースはGT1000ですが、これを70年代風にカスタマイズ。
クロムハンドルバー、クロムラゲッジキャリア、クロムフロントなどを搭載し、実用性は抜群です。
価格、導入時期ともに未定ですが、2009年の春にはリリースされると踏んでます。

なぜなら、GT1000は残念ながら市場でダブついているのが現状です。
製造ラインを維持する苦肉の策という感じがします。
個人的には、ベースモデルのGT1000と価格が一緒であれば、勝算有りと見るのですが、企業である以上、そんなことは許されないだろうなと考えている次第です。
ま、純粋にバイクだけで語れば、私は好きです。
上記した写真は、このモデルの一番不細工なビューだと思います。
しかし、実用的に見ればツーリング時に必須の風対策が施され、積載量も確保されており、Ducati
というメーカらしからぬ実用的なマシンだと思います。

STシリーズが消えた今、この車種でSTユーザの買い替えと在庫処理を兼ねた一石二鳥のビジネスなのでしょうか、、、、。



私はDucati社の「したたかさ」を思い知らされた次第です。
しぶいぜ。ドゥカティ!!
(というか、裏読みし過ぎかな、、、、。当のドゥカティ社はもっと純粋だったりして、、。)

↓↓ドゥカティ超入門のランキングアップに協力してね。ワンクリックお願い!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ducatibasic.blog86.fc2.com/tb.php/123-6ed87651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。