ドゥカティ超入門
ドゥカティマニアには用の無い、超ド級のドゥカティ入門サイトです。
スポンサーリンク

プロフィール

kazuup

Author:kazuup
Tokyo Olympicの年生まれ。
男性、身長約180cm
(この年にしては長身)
既婚、子供1人。
埼玉県在住のサラリーマンです。
職業は某電気メーカーのなんちゃって技術者です。
愛車はモンスターS2R800です。

kazuupのオススメ!



なぜライダーは温泉が好きなのか?
考える前にこの一冊!

リターンライダーのバイブルです
楽しいバイクライフを手に入れよう!

Ducatiブログの人気ランキング↓

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

バイク保険を見直しましょう。目から鱗のプライスかも!!
チューリッヒ保険

バイク保険料金を一括比較!

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009MOTOGPもてぎを観戦しました。
IMG_1345.jpg


先週末は予定通り、予選からの観戦でした。
予選は雨空の中を長らく待っていましたが、中止の憂き目に合いました。
そして決勝は朝まで雨が残ったものの青空が見えて絶好の観戦日和でした。

結果はみなさん、ご存知の通りですが、前の晩はブーツの中まで雨でびっしょりでした。
宿泊のビジネスホテルではバイク用具を乾かすことに追われていました。
しかし、こんな日があったから次の日は晴れの有り難さを感じたというものですね。

IMG_1337.jpg

追伸:
前回の記事でエドワーズとカピロッシの両選手の活躍を予想しましたが、結果は駄目でした。
大変失礼しました。
彼らは、やってくれると思ったんですがね、、、。
それより、DUCATIチームは残念でした。
応援だけはどこのチームより、勝っていましたよ。
次回は頼みますよ。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
ストリートファイターはどうなったのでしょうか、、、。
street20090420.jpg


今年、DUCATI社は新製品ラッシュです。
Newモンスター、1198、848。 そして6月にはストリートファイターが発売ですね。
海外のDUCATIホームページでは、「ストリートファイター」の第二段情報が発表されています。
これに対してDUCATI JAPANのホームページはストリートファイターの情報が無いです。
どうされたんでしょうか、、、、。
余り詮索してもしょうがないのですが、心配しております。

このバイクはオールマイティーのモンスターで無く、ドゥカティ教徒の末弟848でも無い、新しいジャンルのバイクという位置づけです。

まさにストリートで勝つためのバイク!
乗り味がハードで、トルクも盛り盛りの公道仕様を想像します。
嫌が上でも期待しちゃいます。

初出荷の車両は今、どの辺の海を搬送されているのでしょうか?
ワクワクしております。
試乗してみたいなー。
おっと、買う気になちゃってますが、先立つモノが無いので無理っす。(きっぱり)
みなさんはどう思いますか!?


↓↓ドゥカティ超入門のランキングは?

2009年MOTOGP初戦を終えて、、、、、。
1000万人のMOTOGPファンのみなさん、今晩は!
(MOTOGP解説者の宮城光さんのマネです)

MOTOGP第一戦・カタールGPが開催されました。
昨年同様、ナイトランの戦いです。
擦った揉んだがありましたが、無事開催されましたね。
結果、表彰台は、ほぼ予想通りでした。
優勝はストーナー、二位はロッシ、三位はロレンゾ
ドゥカティは初陣を優勝で終えて幸先の良いスタートです。
この調子で頑張ってもらいたいですね。

stoner001.jpg


それはさて置き、私が注目したいのはベテラン選手2人の活躍です。

・予選5番グリッドを確保しながら決勝はリタイアした36歳のカピロッシ選手
・サテライト勢でありながら4位を仕留めた35歳のエドワーズ選手

capi001.jpg
korin001.jpg



2人の結果はポイントゲットとリタイアですから大きな違いですが、私は大きな収穫を得たと感じています。
この2人は今年のMOTOGPで台風の目となると思います。


現在のレース環境は、データ収集能力が格段に進歩したため、ワークス勢は圧倒的に有利です。
何せ、パソコンにデータを打ち込めば、ワークスマシンは当日の環境にマッチした電子制御を行います。
天下無敵の最強マシンが出来上がるという仕組みです。
それでは、マシンが劣勢なチーム陣は、勝てないのか、、、、。
違うんですね。
あらゆるデータを駆使しても、そのデータは過去のものだからです。
レースのシュチュエーションは、刻々と変化します。
リアルタイムに変化する情報はコンピュータでも補えない。
この環境下で対応できるライダーは、レースを肌で感じて実践で具現化できるライダーだけです。

そんな中で台風の目は、この2人だと思います。
MOTOGPのチャンプ戦線には絡みませんが、意外な結果を残してくれると思います。

↓↓ドゥカティ超入門のランキングは?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。