ドゥカティ超入門
ドゥカティマニアには用の無い、超ド級のドゥカティ入門サイトです。
スポンサーリンク

プロフィール

kazuup

Author:kazuup
Tokyo Olympicの年生まれ。
男性、身長約180cm
(この年にしては長身)
既婚、子供1人。
埼玉県在住のサラリーマンです。
職業は某電気メーカーのなんちゃって技術者です。
愛車はモンスターS2R800です。

kazuupのオススメ!



なぜライダーは温泉が好きなのか?
考える前にこの一冊!

リターンライダーのバイブルです
楽しいバイクライフを手に入れよう!

Ducatiブログの人気ランキング↓

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

バイク保険を見直しましょう。目から鱗のプライスかも!!
チューリッヒ保険

バイク保険料金を一括比較!

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイドバッグはこれでしょう!!
ドゥカティに収納スペースは無い。
このため、ツーリング時はバッグが必需品です。
バックの種類はたくさんありますが、モンスターのタンクは樹脂製です。
従いましてマグネットで止めるタイプのタンクバッグは取り付きません。
バックは好みの問題ですが、モンスターの定番はタンクバッグで有名なバグスター製です。
タンクを覆うカバーにより、傷を付けることもありません。もちろん、ドゥカティに似合ったバッグです。
しかしタンクバッグは運転の邪魔になりますし、なんと言ってもドゥカティの顔となるオリジナルタンクが覆われるのは残念です。
そこで私のお勧めは、純正のサイドバッグです。
ドゥカティのフォルムを崩すことなく、快適な運転が出来ます。
容量は最大16リットルと1泊2日程度の旅行にも使えます。
ちなみに値段は26900円でした。
お勧めです。
PICT0170.jpg


スポンサーサイト
マフラーはテルミに限る!!
テルミと言っても吉田照美じゃないですよ。
ドゥカティの世界でテルミといえば、「TERMIGNONI(テルミニョーニ)。」です。
イタリアのマフラーメーカで、バイクレースではドゥカティの正式カスタムパーツとしても採用されています。
前振りが長くなりましたが、マフラーをこれに変更しました。
戦闘的なスタイルはモンスターにぴったりです。
メリット
・低回転のトルクが太くなり、乗り易くなりました。
・カーボン製を使用しているため、ノーマルよりだいぶ軽くなってます。このため、取り回しは非常に楽になりました。
・ドゥカティらしい個性的なサウンドを楽しむことができる。
デメリット
・バッフル(消音器)を外すと暴力的なサウンドになり、とても家の前でエンジンを掛けることができない。
・ドゥカティのカスタムパーツすべてに言えることであるが、高すぎる。(ECU付きとなると20万円を越える)



mafler




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。